モンキー125のオイル交換を年式別で解説|オイルフィルター交換|おすすめオイル・トルク

目安時間 12分  
  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

出典:HONDA https://www.honda.co.jp/Monkey125/

 


この記事をご覧の方は、モンキー125のオイル交換をしたいけど

 

・交換時期(距離・頻度)って?
・どんなオイルがおすすめ?
・締め付けトルク教えて


など、交換に必要な情報や品番が知りたいのではないでしょうか?

 

 

そこで、モンキー125の年式ごとに詳しく解説します。

 

2018〜2020年モデルは、型式JB02
2021〜2022年モデルは、型式JB03

 

 

オイル交換難易度
作業時間 10〜20分

 

 

オイル交換に必要なもの

メモ

・エンジンオイル 1本
・ドレンボルトとドレンパッキン
・オイル受け

 

エンジンオイル

オイル交換の距離(頻度)&オイル量

まずは、メーカーマニュアルによると、次のように書いてあります。

ここさえ見れば分かる!(全モデル共通)

・オイル交換時期:初回 1,000km or 1ヶ月

        :以後 3,000km or 1年ごと

オイル量 JB02 JB03
オイル交換のみ 0.9L 0.9L
オイルフィルターも交換 なし 0.9L

 

実際に多くのライダーが交換するエンジンオイルの交換目安はシフトが入りにくい」などなんらかの変化を感じたらがほとんどです。

 

どのメーカーのオイルでも1,000㎞〜2,500㎞ほどでしょう。

 

ウルトラG1.G2.G3.G4の違い

まず、オイル紹介の前にウルトラG1〜G4がどのように違うか?

見てみましょう!

 

出典:HONDA https://www.honda.co.jp/motor-parts/ultraoil/ultraoil_st4/index.html

 

おすすめエンジンオイル

 

出典:HONDA https://www.honda.co.jp/motor-parts/ultraoil/ultraoil_st4/index.html

おすすめオイルは、車種や用途で変わることがお分かりいただけたでしょうか?

 

口コミが良いだけの理由で、ウルトラG3やG4を選ばず上の表に合せて選んでみてください。

 

自分にあったオイルを使うとライディングが別物に変わりますよ。

 

 

オイル入れすぎると?

 

実は、多くのライダーオイル量で走りが変わると言います。

 

 

オイル量は、目盛りの中間まで入れると、調子が良いと答えたライダーが多いです

 

 

モンキーのオイル量は0.9Lですが、1L缶全部入れないほうが良いです。

 

オイルフィルター

オイルフィルターってないの?

出典:HONDA パーツリストより

〜2020年モデルまでは、オイルフィルターエレメントは無く写真4番の小さなフィルターのみでした。

 

2021年〜モデルからは、オイルフィルターエレメントが搭載され交換が必要となりました。

 

JB02モデル(〜2020) なし  
JB03モデル(2021〜) あり 初回:1,000㎞
以降:10,000㎞ごと

 

オイルフィルター純正&社外品

2021年〜モデルの、オイルフィルター交換では次のパーツが必要です。(適合確認済み)

 

1.オイルフィルターエレメント

社外品はこちら↓↓

社外品を買うなら

こっちが断然おすすめ!!

セット内容は、

 

・オイルフィルター
・ドレンワッシャー
・フィラーキャップOリング
・フィルターカバーOリング

のフルセットです。

 

買い忘れなし!複数注文なし!

ありがとう!キタコさん。

 

 

2.オイルフィルターカバーOリング

 

ドレンボルトとドレンパッキン

ドレンボルトサイズ&品番

純正部品のドレンボルトサイズは、12M×1.5ピッチ

 

社外品で、おすすめなのが

マグネット付きのドレンボルトです


エンジン内のスレッジ(鉄粉・汚れ)を

マグネットが強力磁力でキャッチします。

また、ドレンボルトに別途センサーを取り付ければ

油温・外気温が計測できます

 

 

ドレンパッキン
純正&社外品

 

ドレンコックパッキンは、オイル交換の度に交換が必要です。

 


社外品を購入する場合は、安さよりも大手ブランドの商品が良いです

理由は、オイル漏れなどのトラブルが少ないです。

 

 

 

オイル漏れはなぜ?

 

ドレンパッキンを交換していないと、オイル漏れを引き起こすことがあります。

 

では、ドレンボルト、ドレンパッキンはどのくらいの頻度で交換するのでしょうか??

 

交換時期

ここさえ見れば分かる!(全モデル共通)

・ドレンボルト:交換不要
・ドレンワッシャー交換時期:毎回

交換しない方もいるのですが、

パッキンを毎回交換する理由は、

締め付けたときに潰れることで

隙間を埋めて漏れないようにする役割があり

2回目以降は潰れた状態になっているからです。

ちなみに、ドレンボルトは交換不要ですが毎回交換する方もいますよ。

 

締め付けトルク

ドレンボルトの締め付けトルクは、24N.m です。

 

どれくらいの感覚でボルトを締めるか

分からない方は、必ずトルクレンチを使いましょう

ちなみに、プロでもトルクレンチを使う作業です

 

トルクレンチ紹介

著者のおすすめは、

デジタル式トルクレンチです。

 

○トルクを数値で見れて感覚が掴みやすい

○プリセット式と違いメンテナンス不要

 

12~60N・m タイプがあれば

ほとんどの作業で使えます。

 

KTCの商品を紹介しているのは

壊れない・精密だからです。

 

これならトルクレンチを買い直したり

失敗したなんて思うこともありませんよ。

 

 

これから自分でバイク整備を

やってみようと思っているあなた!

 

サービスマニュアル
持ってますか?

作業に必要な情報や、注意事項が買かれているのに

ネットに無料公開されることはありません。

 

サービスマニュアルは、時価額です。

価値は下がらず、上がる一方です。

なので、持っていて損がなく

売るときも高値で売却できます。

年々高くなるので早めの購入がおすすめです。

 

 

  • Facebookへのシェア
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前 

メールアドレス 

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

バイクパーツ屋

むらさん

バイク好きが高じてバイクパーツ屋を開業 業者になったおかげで、パーツも仕入れらるしいろんな車種のパーツリストも見れる。毎日パーツに囲まれています。

応援お願いしますっ!


人気ブログランキング

ページの先頭へ